ドンキホーテ 12食入り春雨スープアソート『コバラカラッポさんの春雨スープ』間食にもってこい!

ドンキホーテ
スポンサーリンク

子供たちがあまりにお菓子ばかりを食べるので、もう少し身になるものを食べさせたい!

そんな時に見つけました情熱価格『コバラカラッポさんの春雨スープ』

鶏だし中華・かきため・和風豆乳・韓国風チゲの4種類の味が入ってお値段378円

長男はとても気に入って、学校から帰ってくると1つ作って食べています。

週2~3回ドンキに買い物に行くロボママが実食レポートします。

今回は息子が好きな味ランキングでお届けします!

コバラカラッポさんの春雨スープ パッケージ

アソートタイプのインスタント春雨スープです。

累計1200万食分の
小腹を救ってきた、
コバラカラッポさんの
スープ春雨
気分に合わせて選べる4種類!

間食も夜食も
前向きでいられる

1200万食の販売期間は2010年9月~2021年8月末までだそうです。

ざっくり1年あたり100万食ちょっと売れている?という感じでしょうか?

お値段378円 春雨8gと粉末スープ入り

お値段は378円(税抜)でした。

12食入っているので1食あたり32円程度です。

駄菓子の値段ですね。

鶏だし中華とかきたまが4食、和風豆乳と韓国風チゲが2食入っています。

春雨とスープは別袋になってそれぞれ入っています。

1食あたり35カロリー ~ 51カロリー

それぞれ、1食あたりの内容量とカロリーが異なります。

鶏だし中華和風豆乳かきたま韓国風チゲ
1食当たりのg数12.4g14.5g11.1g14.2g
エネルギー43Kcal51Kcal35Kcal43Kcal
たんぱく質0.6g0.8g0.4g0.8g
脂質0.2g0.6g0.2g0g
炭水化物9.7g10.7g8.0g10.1g
食塩相当量1.8g1.1g1.7g2.0g
1食あたりの栄養成分表示

販売者 ひかり味噌株式会社

長野にあるひかり味噌株式会社が販売者になっており、

春雨の輸入は傘下のひかりグローバルサプライ株式会社が行っています。

社名にある通り、お味噌関係がやはり主力商品のようですが、春雨も取り扱っています。

味噌に関しては、歴史・作り方・レシピなど手の込んだコンテンツが公式ホームページにありました。

スープに関しては群馬県にある有限会社三和食品が製造しています。

実食|息子が気に入った春雨スープの味ランキング

調理方法はとても簡単です。

  1. 春雨とスープの素をカップにあけて、熱湯160mlを注ぎます。
  2. 3分待って、春雨をほぐしたらできあがりです

熱湯を使うので、食べ始めるときはやけどに注意してください。

春雨の太さは細すぎず、太すぎずでちょうどいいです。

大人の口では2~3口で食べ終えてしまう量でした。

食事に取り入れるには、少ないかなと思います。

やはり間食・夜食に向いている商品ですね。

それでは、長男が選ぶ美味しい味ランキングです。

第1位 かきたま

たまごが大好きな長男は、「かきたま」が一番好きでした。

4食入っているのですが、全部最初になくなりましたね。

たまごの甘みが感じられる優しい味です。

第2位 鶏だし中華

ほどより鶏の出汁が効いています。

息子はスープが美味しいと飲み切っていました。

クセがなく食べやすいと感じました。

第3位 和風豆乳

豆乳がどこか遠くの方で感じられる味です。

その主張しない豆乳感が息子はあまり好きでなかったようです。

もっと豆乳を濃くして、胡麻味を加えるなどしてあったら良いなぁと感じました。

第4位 韓国風チゲ

息子には辛かったようです。

ひとくち食べるだけで、その後はロボママが食べました。

辛さは大人が食べる分にはそれほどではありません。

また後に残る辛さではなく、最初にキーンときて去っていく辛さでした。

まとめ|大人なら韓国風チゲも美味しくいただける!

12食378円(税抜)で、子供の間食に利用できるのは嬉しいです。

ただし、チゲは子供が食べられないので実質10食になってしまいました。

1食40円程度であれば、お菓子を食べさせるよりかは健康にも良いかなと感じます。

ラーメンではなく、春雨スープなので晩御飯にも響かないのがいいですね。

ちなみに息子は春雨スープとは呼びません。

『コバラカラッポさん食べたい!』と言います。

さすがドンキ!ネーミングは子供にもウケているようでした。

タイトルとURLをコピーしました